絵画・造形遊び(きりんぐみ)

4月当初は時間のかかっていた絵画・造形教室の支度も、
今ではお友だちと協力しながら素早く行うことができるようになりました。
今日もスモッグをお友だちと協力しながら着せ合いこして、
保育士が促さずとも素早く整列することができていました。

「よろしくおねがいします!」と元気いっぱい挨拶をし、
さっそく絵画・造形教室の始まりです。
e0322150_17415070.jpg

様々な形の木の板がでてきて、その板を組み合わせていくと・・・
e0322150_17424988.jpg

「とりみたーい」「きりーん」「いぬにもみえるー」と
子どもたちは、真剣に形をイメージして答えていました。
丸の板は動物の顔に、曲がった板は足のようにみえました。
それぞれのパーツを組み合わせ、「木の壁飾り」づくりのスタートです。

今日は紙ではなく木を使用する為、ボンドを使いました。
「ボンドはたっぷりと山ができるくらいまでつけてください。」
とボンドの使い方もしっかりと確認しました。

顔のような丸い木、体のような木、しっぽのような木
を順番に配ってもらい、その中から好きな形を一枚ずつ選びました。

e0322150_1748531.jpg


その板を組み合わせ、好きな動物の形をつくりました。

e0322150_1803022.jpg


e0322150_1855323.jpg


ある程度形を作り、ボンドで貼り付けました。

e0322150_1825658.jpg




ボンドもしっかりと山ができるくらい、
たっぷりつけることができていました。

形ができた後は、絵の具で色づけをしました。

e0322150_186378.jpg


e0322150_2018640.jpg


色をつけると、より一層個性的で素敵な作品になりました。

e0322150_1881359.jpg


e0322150_189617.jpg


魚やアヒル、犬や亀など、様々なバリエーションの作品が
沢山できあがりました。


きりん組としての最後の絵画・造形遊び。
締めくくりとして、皆で元気いっぱいに
「ありがとうございました!」と挨拶をして終わりました。
また、来年度ぞう組での絵画・造形遊びが待ち遠しそうなきりん組さんでした。



担当保育士(宮﨑)
[PR]
by yumenomorihoikuen | 2015-03-17 20:19